Skip to content

「海難1890」を観ました

ずっと楽しみにしていた映画が公開されたので観にいってきました。
「海難1890」です。
西暦1890年に日本を訪れたトルコの軍艦が、帰国の際に和歌山県沖で台風にあおられ座礁します。
それを村人が懸命に救い、69名のトルコ人が助かったのです。
それから95年後、イラン・イラク戦争の折、イランに取り残された日本人をトルコが助けてくれたのです。
95年前のお礼として。
この逸話は以前から知っていて、私の中でトルコは特別な国のひとつでした。
ネットで予告を観ただけで胸がいっぱいで涙……。
公開されたら絶対観にいこう、と決めていました。
内容はやはり期待通りのものでした。
嵐の海に飛び込んで助ける男性。
資源が乏しく、食料も少ない村で、最終手段の非常食として飼っていたニワトリを差し出す村人たち。
トルコ人たちを送り出す時に「故郷の空」で送り出すシーンは感動的でした。
イラン・イラク戦争編では、空港に取り残されたトルコ人たちが、トルコの救援機を日本人のために優先してくれます。
125年前に日本で受難にあったトルコ人も、イラン・イラク戦争で帰れなくなった日本人も「故郷の空」をもう一度見たいと願ったことでしょう。
お互いがお互いを想い、助けあうことで空をもう一度見ることができました。
あのときのトルコの方々の気持ちには、いくら感謝してもしきれません。
トルコは日本の大切なお友達です。
「これで貸し借りゼロ」にするのではなく、いつまでも気持ちを繋いでいければどれだけすばらしいことでしょうか。
ずっとずっと離れた国であっても、言葉や文化が違っても想いを繋ぐことができるということを気付かせてくれた映画でした。

Comments are closed.